本日も桜が綺麗

イマジナリー・任意の文字列

何も思いつかない時

暇になると「とりあえず何か書こうか」と思うまでは良いのだが、結局何も浮かばないので下書き保存すらすることなく破棄をする。今もそう。

持論だが、空っぽのときにどれだけ振り絞って書けるかはこれまでのインプットの量に比例すると考えている。こじらせオタクなのでオリジナリティを追求しようと躍起になるが、そもそもオリジナリティというのはほぼ無限に存在するインプットの組み合わせそのものであるから、インプットの少ない海馬を隅々まで探索したところで救済の一手が見つかるはずもない。これまでの自分はインプットがとにかく足りていなかったのだろう。

でもインプットだけじゃ焦れるからやっぱ並行して何か書きたいよね?

そんな時自分語りが大変便利なのだ。生きているだけで勝手に海馬に押し込まれるデータを言葉にするだけでいい。高尚なインプットも必要としないうえに書いたことにより多少の快楽が得られるのでコスパがよい。何も思いつかない時は自分語りに限るというわけだ。

ーーーーーここまでが自分語りをするための言い訳ーーーーー

文章を書ける人間になりたい(それを飯の種にしたい、ということではないが)という目標が出来たので、そのためにどういう生活を送れば良いのかを試行錯誤している最中である。例えば、インプットに取り組むときは、ただ楽しむだけでなく自身にどう取り入れるかを考えるようになった。また、日常風景とその時の自分の感情を結びつけてメモをするといったこともしている。何も思いつかなくても今こうして文章を書こうとしているのも、その一つかもしれない。

何も思いつかないこと自体は失敗の一つなので、思いつくために改善をする必要がある。いわゆるPDCAサイクルというやつだ(PDCAサイクルは最近覚えた言葉で、いい感じに意識高い社会人の雰囲気が出せるので気に入っている)。とはいえまだ始めたばかりで手探り状態であり、今のアプローチが間違っているのかもしれない。アプローチの次元が違っていては、Pを少しずつ改良していくサイクルでは一生かかっても理想の方向へは進めない。そういった無駄はすでにある程度成し遂げている人がする道楽みたいなもので、現代のスピード感にはそぐわない。最速で進むためには一番最初のPは、成功者の行動そのものをベースにする必要があるのかなと考えている。

自分がそのままの自分を認められればそれでいい、という根底にある思想は変わっていないので、外部からの影響を受ける手段の一つとして誰かの真似をするという行動に嫌悪感があり、そういったことはあまりやってこなかったと自覚しているが、これもオリジナリティを追求するためのインプットの一種だと割り切った。心の底ではもやもやした感情が残っていても設定さえ適切に行えば機械的に行動することは可能で、本気で実行して上手く行かなかったら失敗した経験をインプットとして取り入れればいい。数ヶ月で仕事を辞めてるくせにその仕事に愚痴を言う惨めな何処かの誰かさんが繰り返してきた失敗はもう二度と体験したくないので、過去の失敗の原因になった思想はとりあえず悪い思想であると決めつけている。

転職活動はあるものの、実質の休日はまだ3週間ある。労働開始前の基礎精神づくりということで、色々やっていこうと思っております。

終わり。書き始めてからちょうど一時間。すごい。これだけで1400文字だ。

この日記の内容に関係なく「おすすめだから読むといいよ!」って本があれば教えてくれると嬉しいです(図書館にあったら読みます)。