本日も桜が綺麗

イマジナリー・任意の文字列

百合ポエム-1-

女性に、男性と同等の生殖機能を持たせる医療技術が開発された。

この技術がきっかけとなり、これまで世間の目から隠れるように暮らしてきたレズビアンの夫婦の割合が飛躍的に増加した。

同性愛者に投げかけられる最も素朴で残酷な生殖の問題を解決したのだから、当然の流れでしょう。

私たちはというと、この医療を受けないことに決めた。というより、話題にあがることすらなかった。

私たちは、その技術が生み出されるずっとずっと前から、お互いのことを好き合っていたの。

世間の冷たい視線、植え付けられた常識、種への反逆。立ちはだかる難題に対して、お互いの「好き」という気持ちだけで乗り越えてきた。

何度も乗り越え、何層にも重なった二人の肌の熱は、いつしか空間となり、二人だけの、「好き」の世界を形作っていた。

これはあらゆる介入を許さないバリアー。 二人が、二人だけで朽ち果てるまで消えることのないバリアー。

今更、そんな技術を持ち出されたところで私達の世界は改変出来ないよ。

私たちは、その技術が生み出されるずっとずっと前から、お互いのことを好き合っていたのだから。