読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日も桜が綺麗

節度と信念

1/3年が終わったので

近況

この一年で2回ほど会社を退職し、原因も100%自身によるものであったため、諦めに近い感情に支配され生きる気力をなくしていた。 数日前まではそれはもう酷い精神状態だったが、今はかなり持ち直した。

きっかけは色々あるが、大きくこの2つだろう。

心療内科でのカウンセリング

内定を得た日の帰りに、薬を切らしていることに気がついた私は心療内科へ向かった。今回は悩みや症状を書いたメモを持ち込んで臨もうと思っていて、ちょうどいいメモ書きがあったので利用した。

ikuth.hatenablog.com

その日は、いつもと違う部屋に通され、いつもと違うカウンセラーだった。いくつかの質問を挟みながら、上記の内容プラスアルファを延々と話していた。今回のカウンセラーはかなりはっきりと言ってくれる方で、「このままだとうつ病になる」「今度も間違いなく繰り返す」と断言していただいた。その後は、解決のための具体的な行動を話し合い、概ねの方針まで決まるという有意義な1時間となった。途中「内定を全部蹴ってフリーターになる」という案をいただいたが、突っぱねた。というのも、この話し合い中に、内定を「自己を偽った結果」ではなく「この会社での適切な振る舞いができた結果」と捉えることができたからだ。自身の本質がいかに社会に不適合であっても、相手が望む最良の行動を機械的に行えば表面上の結果は残すことができるということであり、この意識が欠けていたから今までうまくやれなかったのだと気づいた。このことに気づけた今なら組織でうまくやることは可能であると考え、実験してみたくなったのだ。カウンセラーからは「それがストレスになる」と反論をいただいたが、「以前よりもメタな視点で潜り込むので大丈夫だと考えています」と話し、無理と感じたらすぐに辞めることを条件に了承を頂いた。妥協はしますが、社会でやっていくことは諦めません。

秘密の花園/バーネット」を読んだ

カウンセリングの翌日、久々に何かをしようと思い立った。積み本を消化することに決めて、文体が軽いこの本から手を付けたのだが、大当たりだった。様々な原因で内面に闇を抱えている登場人物たちが、人や自然とのコミュニケーションを通じて成長をしていくという話なのだが、これがもう見事に自身に当てはまっていて、思わず涙を流してしまった。有名な本なので今更自分が宣伝するまでもないが、ちょっと疲れてしまったときに是非おすすめしたい。

今後

長期的な計画があります。実現出来なくても悔いはないし失うこともない計画です。近いうちに行動にあらわれてくるのではないでしょうか。