本日も桜が綺麗

節度と信念

いしょもどき

[追記 4/25] 薬と酒を同時に摂取したら無意識に書いていた文章です。なんか気に入ったので残しておきます。

遺書

これから生きていく自信がありません。取り返しのつかないことをしてしまう前に死ぬことにします。

誰も悪くありません。私が悪いのです。

何がどうなればか死ぬことにはならなかったのか、と思われるかもしれません。強いていうならば、何もしたくなかった。ただずっと何も考えずに眠っていられればそれで良かった。でも、この世界では何かをしなければ受け入れられないことがわかったので、別の世界で何もしない道を探ろうとしたのです。

私が妥協して普通に生きることを選択したとしても、たどり着くのは安らかな眠りではなく不安、焦燥、劣等感に消耗し続ける日常です。毎朝早く起きて、家畜小屋のような電車で人間の潜在的な攻撃性を嫌というほど感じながら、話したこともない人たちや顔も知らない人たちを養うために会社に通勤し、属人性を取り払った別に自分がやらなくても良いような、効率的かもわからない意義もわからない業務に1日の大半を食われながら、圧倒的な個に対しての羨望と嫉妬を、安酒で心の奥底に流し込むのです。

そんな普通を到底受け入れられません。 おそらく、人間どこかで「自分は特別だ」という感情を捨て去るために苦悩する時間があるのでしょう。そして乗り越えて普通を受け入れ家畜小屋に飛び込む思想が定着するのだと思います。

捨て去ろうと努力をしてみたことは何度かありますが、そのたびに跳ね飛ばされてしまいました。ちょうど、大学を1回、会社を2回辞めたタイミングになります。この戦いはとんでもなく精神に負担がかかるようで、僅かにあった向上心や自己肯定感をすっかり失ってしまいました。これは精神の病か薬の影響かわかりませんが、思考力や判断力も狂いに狂って、制御できない衝動買いや飲酒を繰り返したり、簡単な確率の問題や1次方程式の文章題、短文の読み取りでさえ苦戦するようになったことに毎晩苦悩しています。優しく声をかけてくれる周囲の方々とでさえ、顔を合わせる勇気がもうもてません。

生きるか死ぬかをじっくり考える時間が欲しかったのですが、経済的な理由で時間はそう残されていません。時間稼ぎのために転職活動をしてみましたが、転職活動自体が大変な苦痛のため、死ぬことしか考えられなくなりました。自分を偽り普通の思想でぬりかためることは、望まぬ詐欺を行っている気分です。

死を選択した自分が本物で、生きることを選択する自分が偽物とすると、昔好きだったはずのことも今は嘘ということになります。もう心の底から楽しむことができません。

何もしたくないなりに、何も考えず書いているので、つぎはぎだらけの遺書になってしまいましたね。椅子にだらしなく座って目をつぶりながら適当に打ち込んでます。タイポは恥ずかしいので時折チェックしていますが。

こういう保険のかけ方も鬱陶しいですね。自分の嫌いなところの一つです。だけど自己肯定感がないので、保険をかけてこれ以上ダメージを負うことがないようにしたいのです。自分が大嫌いなくせに、自分だけ守られればそれでいいという、どこまでも汚らわしい矛盾した思想が私の本質なのです。

最後の最後で、ちゃんと自分で死を選択して実行できた自分だけは、好きになれそうです。私物は全部捨ててもらえるとうれしいです。嫌いな自分の痕跡は全部消したいです。すると骨しか残らないでしょう。

さよなら。

退職した

ベッドから動けなくなったのでしばらく休んではいおしまい

会社には申し訳ない気持ちでいっぱいです

睡眠薬抗不安薬を併用している

能力もない、学歴もない、情熱もない

そろそろ人生詰んだかな

四捨五入して30になる年に考えてはいけないこと

仕事に行けない。

なんでだろう。仕事が辛いとか、理不尽とか、そういうことはない。

ただ朝起きると、もう何日も洗ってない布団の匂いを全身に浴び、テーブルに放置された酒瓶と洗ってない皿や読む余裕を持てなくて積まれている本の数々を見つめながら、指摘された大量のコメントを思い出して情けない気持ちになったり、成功者となっている平行世界の自分が脳裏をかすめて胃の奥の奥までグルグルしてどうしようもなくなり、登録しておいた自動送信欠勤メールを止めることも出来ず、またベッドに汗とも涙ともつかない液体が染み込んでいく。

「雨が降ってるから買い物行くのやめよう」程度の気持ちで会社を休んでしまっているのは、いくら出来の悪い自分でも考えられない。明らかに異常だ。

このままじゃだめだというのはわかる。1度だけなら情状酌量もあるが、2度目は全てを失うよなあ。わかってるのに仕事に行けない。

ああ、休んでしまった。でも、俺の人生だ破滅するまで好きに人生を歩ませてもらうぜというか弱い自我は、家族や親友達への罪悪感と、実体のない世間からの視線に圧殺される。自己を客観で構築してきたくせに、覗けないはずの他人の心情は主観でつくっちゃうんだよなあ。メンヘラだから全て負の方向で。

だから人に質問もできないし、相談もできない。でも、後押ししてもらわないと動けない。そんな矛盾した存在と化してしまった。

自身を全て主観で構築したい。それだけの背景をもつ人間になりたい。そう思っている。でも仕事に行けない。

この文章は泥酔状態で書いております

考えるのは好きだ。こういう稚拙な文章も。

しかしどうにも仕事には結びつかないというか、結びつけたくないというか、自分の考える事まで支配されてるという感覚が気に入らないし、受け付けないというか。あらゆる他人からの干渉が怖い。自身を主観で構築したいと思っている自分が、より上位の存在に酔って全て客観に書き換えられる感覚。

仮に避けることが出来てもそれはアドバイスや指示と呼ばれるものであるから、それすら恐れてしまう自分には、社会から不適合者の烙印が押されて、まだ主観になれない自分は、より強い客観で塗りつぶされる。

わけわからなくなってきた。

これから本当に好きに生きてみようと思うんだけど、将来を見据えてないし客観的にみてアホな選択なので、周囲を説き伏せる理由がうまく思いつかない。明日も仕事を休んで考えようかな。

人間は悪い客観に染まると、主観に染まろうとして暴走する。これは教訓です。反面教師です。

はい。おわり。

ここ半年くらいで読んだ本

自尊心を満たせるほどには読んでなかった。 活字がとにかく読めないんですよね……。

小説

漫画

技術書

その他

  • 教養としての官能小説案内
  • 入門!論理学
  • 催眠術入門 / 多湖輝
  • 史上最強の哲学入門 / 飲茶
  • 行動分析学入門 / 杉山尚子
  • 話し方入門 / D・カーネギー
  • 自分に適した仕事がないと思ったら読む本 / 福沢徹三
  • 上京物語 / 喜多川泰

番外 -積み本-

買ってから考える人間なんですが、あまりにも金がないのでそろそろ図書館の利用を考えております。

客観視モード

「客観視モード」

これは俺の造語で、気分が沈んでいるときに陥る状態のことをこう呼んでいる。 そしてここ最近、客観視モードに入ってしまっている。

客観視モードの特徴は、「もう一人の自分が、声を投げかけてくる。」ことだ。 この時点でちょっと頭がおかしくなっているのかもしれないが、問題はその内容が「俺のとる、とろうとする行動の打算的なところ」だけを抜き出して投げかけてくることだ。

ポジティブな気持ちで行ったことを、全てネガティブに書き換えられる。

もう一人の自分なんだから、それが本音であることは間違いない。

だから、俺はこういう人間なんだと改めて突きつけられているようで、関わった全ての相手に対する罪悪感で胸が締め付けられる。

「自分を客観的にみつめることで、自己改善につながります」

よくきくフレーズだけど、こうも悪いところしか見つからないと精神的な自殺行為にしかならないわけで。

最近は周りに流され続けていた頃のほうがよっぽど楽だったなあとか、誰か俺のこと操ってくれないかなあとか、そんなことばかり考えている。

表面上は問題なく過ごせているが、笑っていても次の瞬間には無表情になるようなことが増えた。

もういつ決壊するかわからない。そろそろ人付き合いが本当に辛くなってきた。

ポッピンQみてきました[ネタバレ注意]

ポッピンQを観てきました。結論から言うと、全力で楽しめました。

www.popin-q.com

せっかく2回も見た上にノベライズも読んだので、簡単に感想を書いていきます。<span style="color: #ff0000">ネタバレ</span>もあるし、<span style="color: #ff0000">作品を知っている体</span>で書きます。べた褒めというわけでもありません。それでも良いと言う方のみどうぞ。

# きっかけ
Twitterで作品を認知した後、以下のイントロ(公式サイト引用)を読みまして、「これ大好物じゃん!!」となったからです。


> 中学3年生の春、
悩みを抱えた少女たちが、奇跡の出会いを体験する。
住んでいる地域も、家庭環境も違う5人。
出会うはずのなかった彼女たちが、出会い、そしてぶつかりあう。
それは、それまで目をそらしていた自分の心と向かい合うこと

# 時系列
1/25 ポッピンQ 通常上映

1/26 「ポッピンQ~ポッピン・ドロップ~」を読む

www.shogakukan.co.jp


1/27 ポッピンQ(ノベライズ版)を読む。
www.shogakukan.co.jp

1/27 「ポッピンQ~ポッピン・ドロップ~」を読む(2回目)

1/27 『ポッピンQ』青春、寄り道、卒業生応援上映会

# 感想

## ポッピンQ 通常上映

「明らかに尺が足りてない!!!!!!」というのが最初に出た感想。女の子たちが、同位体との交流や世界の危機との対面を通してどのように悩みを解決していくのか、個々の葛藤や友情の芽生え、思考の変化を楽しみにしていたので落胆した。具体的にエピソードも交えて解決できたのは<span style="color: #ff0000">伊純だけ</span>で、他のヒロインは何故か最終決戦時には解決していた。伊純の姿をみて勇気をもらったのか、などと考えていたがそういった描写もなかったので戦闘要員か?と思うほどだった。

沙紀も伊純みたいな人間もいることを知って仲間から追い出された過去から立ち直り再びダンスを始めるので、具体的な解決はしているのかもしれない。ただ、元々の原因が沙紀にあったのかもしれないしそこが語られていないから、心から「良かったね!!」とは思えなかった。

蒼はそもそも悩みなのか?自分から孤立を選んでるだけでそれはそれでいいんじゃないか?

等々、拗らせオタクを発揮してしまった。

ただ、時の塔突入時のあの橋の下りは最高に好きだった。ボロい橋が出てきた時点で画面を直視できなかった。あれはずるすぎる。好き。大好き。だからこそ時の塔ショートカットは辛かった。一応グレートクロス攻略はあさひと小夏と蒼が活躍したわけだが、伊純みたいに各ヒロイン毎に障壁があるのかなーと期待していたので。

ダンスシーンはモデルも綺麗だし振り付けも可愛らしく素晴らしかったです。ただやはりそれまでのカタルシスが薄かったので、伊純と沙紀の二人で奇跡のダンスが踊れるのならわかるけど、5人は無理だろという感情がどこかで残ってしまった。おそらくYoutubeで単体のPVをみても同じくらいの印象にだったと思う。

 

楽しみ方、受け取り方を完全に失敗したなと感じた。大人になってしまったのか。

## 「ポッピンQ~ポッピン・ドロップ~」を読む
不完全燃焼に終わった私は、きっと逃している重要な情報があるに違いないと思いポッピンQについて調べていたところノベライズを発見する。通常ここまで調べたりすることはないのだが、応援上映は予約していたしポッピンQの設定は本当に大好物だったので、補完さえされれば一気に最高になれる確信があり、すぐに購入して読んだ。読み終わった時には、

 

 

と思わずガッツポーズ。各キャラと同位体とのエピソード、お互いの心を読み会える間柄だからこその一歩踏み込んだ会話。あさひと小夏と蒼に関しては、この本で解決をしています。また、小夏が非常に周りのことをよく見ていて、他人の気持ちが分かる子であることに大変驚いた。また、沙紀の過去についても詳細が書かれており、道徳の授業で出てきそうな内容で私には善悪が判断しきれない問題のため非常に難しい気持ちになったが一応の納得できた。

映画だけでは物足りないという方は絶対に読むべきです。価格もラーメン1杯程度です。

## ポッピンQ(ノベライズ版)
ストーリーは映画と同じだが、蒼の心理描写が結構な分量で追加されている。蒼からみたあさひ、小夏、伊純、沙紀の印象も描写されている。蒼はツンデレかわいい。

## 『ポッピンQ』青春、寄り道、卒業生応援上映会
それぞれの悩みと解決を知ったので、1回目より絶対に楽しめる予感があった。その予感は正しかった。

「馬鹿ーーーーーーーーー」を叫びすぎて酸欠になり意識を失いかけたりもしたが、全力で楽しむことができた。

そういう過程があったからこそあのボロ橋で伊純に後押しできたんだな。既に解決していたからこその3人でのグレートクロス攻略だったんだな。打ち明けた時点で""心が一つ""になって、それぞれ解決した時点でみな""同じ方向へ、前へ進む仲間""になったわけだ。その結果の奇跡のダンスだったんだ。熱い。

伊純は、きちんと自分の罪を受け止めてナナに謝罪することができた。小晴にも感謝を伝えたし、両親とも打ち解けた。
小夏は、卒業式の伴奏としてミスを恐れずまた音楽を楽しむことができた。
あさひは、きちんと自分の意見を持って、武道とお洒落を両立させようと頑張り始めた。
蒼は、相手の好意にしっかりと向き合うことができるようになった。
沙紀は、また仲間とダンスが出来る未来に向かって再び踊り始めた。

きっと彼女達には輝かしい未来が待っているはずだ。
続編も劇場で見届けたい。応援したい。そう思わせてくれる素敵な作品でした。

ちなみに推しは伊純と小夏です。よろしくお願いします。

大学を中退する人間の特徴

[追記]ブログ移転に伴い旧ブログからこの記事だけ移植しました。遅刻じゃないよ!

 

この記事は退学アドベントカレンダー12日目の記事です。

 

www.adventar.org

大学を中退する要因は以下の通りです。ソースは自分。

## 進路選択の失敗

* (特に行きたいところがないので)就職に困らなそうな理系を選択
* (特に行きたいところがないので)周囲と学部を合わせる

私の場合は、仲良くしていた友人達が大体情報系を志望していたため情報工学科を志望した。<b>コンピュータ自体はネトゲなどで触っていたが、情報工学とかいう分野には微塵も興味がなかったし何をするのかも知らなかった。</b>致命的だったのは、苦手科目が<b>数学</b>と<b>英語</b>と<b>物理</b>と<b>化学</b>だったこと。とにかく二次試験が駄目で、最大限センターが上手く行ったときに逃げ切る戦略を取る。そしてセンター試験が最大限上手く行ったので、二次がEでも逃げ切れると判断し一番偏差値の高い大学を志望した。結果、合格最低点を0.2点上回り入学できてしまった。

## 手抜き癖
「答えを写す」「答えをすぐにみる」「(解かなくてもいい)応用問題には絶対に取り組まない」といった習慣がある。この習慣から脱しないことには、講義の単位はともかく、研究室で地獄を見る。テーマを決められないとか、何をすればいいのかわからないとか。

## コミュ障
コミュニティを回避する傾向がある。<b>コミュニティ全体と関わることはせず、仲の良い人間を仲介しないと、他人と関われない。</b>

私の場合は、元々そういう気質を持ちながらも、小中は成績も良く足もはやかったので人が集まった。しかし高校では中の下がいいところだった。高校に入学して最初の一ヶ月くらいはぼっち飯だったりした。後に奇跡的な交友関係を手にすることとなるが、大学はバラバラになってしまったので奇跡も起きず死んだ。リアルが上手く行かないのでインターネッツに依存している。

## 得意分野、熱中できる分野がない

* 自分はこれだけは上手くやれる。
* これは好きだから自分から進んで取り組める。

というものがない。これは一番大事なことだと思っていて、これを持っていると<span style="color: #ff0000">勝手に人が集まってくる</span>。その成功体験は更なる好循環を生み、他の分野でもうまくいくようになる。そういうものを見つけようと色々なものに手を出してみたが、未だに見つからない。

## 挫折をしらない
上のカテゴリに行けば行くほど自分の立ち位置を知ることになる。挫折に対する耐性が全くないまま大学に入学すると、早々に挫折をして経験したことのないダメージを受ける。以降、挫折は乗り越えるものではなく回避するものになる。大学は高校までと違って周囲からの庇護がない自己責任の世界なので、回避行動に拍車が掛かる。研究よりも卒業よりも就職よりもお金よりも回避行動を優先する。

# 最後に
最近中退を考えている人に対してアドバイスをしたいと思います。ただ現状が辛いからという理由で中退をするのはやめましょう。一時的には気分が楽になりますが、すぐに挫折に変わります。何度も吐きながら自己分析と哲学的な思考を繰り返した末、殺したくなるくらい自分が嫌いになります。これで食べていく、食べていけるというものがない限り中退して社会に出ても同じことになります。やめて心機一転とか綺麗事です。自分の本質は変えられません。だったら経歴くらいはちゃんとしておいたほうがいい。

中退した自分を受け入れられますか?
中退したほうが生涯年収が多くなる見込みがあるんですか?
中退してからやることは卒業してからでは駄目なんですか?
中退したらハゲが確実に治るんですか?
イケメン、あるいは美人ですか?
何やかんやで援助してくれる実家がいて、お金持ちだったりしますか?
ご注文はうさぎですか?

周囲の反対意見を振り切り(本当に反対意見しかなかった)中退をしてとりあえず就職をした私は、過労と心労で心療内科とカウンセリングのお世話になっております。薬物飲酒運転の車に轢かれて即死できるのを今か今かと待っています。来世では美少女になる予定ですが、現世はもう駄目です。

辛くなったのでここで回避行動に入ります。