本日も桜が綺麗

節度と信念

DAMスコアタをはじめました

ゆるーく始めた。中々楽しい。

まだカンスト(カウンターストップ、いわゆる満点のこと)はしていないが、今月中のカンストを目指してちょこちょこカラオケに行っている。

挑戦初日

まずは小手調べ

f:id:IKS_ver2:20170608224924j:plain

表現力の項目が非常に大切なことはわかったが、マイクを1ページ毎に近づけたり遠ざけたりしても全く抑揚が付かなかった。

挑戦二日目

抑揚をつけるためにいくつかのパターンを考えていた。

  1. 1ページ毎のマイク運動
  2. 1ページ内のマイク運動
  3. 1ページ毎のマイク運動+声の強弱(ウィスパーボイスと張り上げ)
  4. 1ページ内のマイク運動+声の強弱(ウィスパーボイスと張り上げ)

この4パターンを交互に試して、表現力の項目をみていた。

f:id:IKS_ver2:20170608224938j:plain f:id:IKS_ver2:20170608224951j:plain

4「1ページ内のマイク運動+声の強弱(ウィスパーボイスと張り上げ)」がもっとも抑揚がつく結果となった。それでもカンストには程遠い。問題点として、別に歌が上手いわけではないので、声を使い分けると音程が安定しなかった。別の知見として、ビブラートはB-2の形が安定して高評価を得られるっぽい。まだ歌詞で歌っていた。

挑戦三日目

音程をガッツリ覚えて、一文字歌唱「ラ」を試してみることにした。ウィスパーボイスと張り上げの組み合わせは非常に喉の負担が大きいため、2「1ページ内のマイク運動」で抑揚をつけられないか考えた。おそらく発声が悪いんだろうということで、腹式呼吸とハミングを意識してオペラっぽく声をだす様にしてみた。

f:id:IKS_ver2:20170608230120j:plain f:id:IKS_ver2:20170608225100j:plain

その結果音程と抑揚が飛躍的に伸びた。個人的には、これ以上頑張りようがないというところまでいったのだが、それでもカンストには届かなかった。しかし全項目の数値が上記画像とほとんどおなじにも関わらずカンストしている画像をみかけたため、追いかけてみると、裏加点の倍音要素(声の響き)が関係しているらしいことがわかった。倍音要素が低いということは、発声、声質、マイクのいずれかに問題を抱えていることになる。とりあえずDAMの採点の定番と呼ばれる有線マイクを購入したので、次回はそれを使ってみる。これで点数が伸びなかったら機械に嫌われているかお歌の練習をしろということになりちょっと厳しい。倍音要素の問題が解消されれば、カンストも近いのではないか。

腹痛を避けたい

ここ数年影を潜めていた腹痛が再発しつつある。予定外の腹痛はその後の用件に支障をきたしかねない重大なインシデントであるため、なるべく避けるように行動したい。そこで腹を壊す食品、状況を見直すことにした。

食品

ラーメン

ラーメンは大好きなのでよく食べる。でも高確率で腹痛を起こす。その後に予定を控えている時は避けたい。 特に家系ラーメンは腹痛率が100%を誇る。濃いめ、油多めはやめましょう。

牛丼

手軽に食べられるのでついつい寄ってしまいがちだがリスクが高い。今日も元気に食事をし、トイレに駆け込んだ。

ハンバーガ

もうポテト150円クーポンの時しか行っていないが、しっかりと腹を壊せる。逆に使いどころがありそう。

コンビニチキン

大抵はお酒のおつまみとして買う。自宅のトイレを使えばいいので問題ないことが多い。食べ歩きは厳禁。

冷たい水

口直しに飲みすぎると死ぬ。コップが空いた瞬間に水を注いでくれる店員さんありがとう。油を注がれてる気分だ。

単純に自分の食生活が終わっているだけでした。野菜を食え。

状況

気温差のある空間の移動

夏と冬は特に注意が必要。夏は、汗をかいたシャツ一枚で涼しい建物に入るといった行為が危険。背筋も凍る腹痛体験が待っている。冬は着込んだ状態でホットな満員電車に乗り込むと危険。人払いの代償としてパンツの中がホットになってしまう。

満腹

上記の食べ物を避けても、満腹状態はいつ均衡が崩れてもおかしくない危険な状況である。最近、胃のキャパシティが全盛期の半分ほどに低下していて、具体的には「寿司は皿数1桁」、「牛丼は並」、「たまごけんは普通盛り」がちょうどいいくらいだ。昔の感覚で頼むとすぐ満腹になってしまうので気を付けたいところ。財布に優しい体になってくれて嬉しい限りだ。

空間の移動は避けようがないので、常に腹部の温度を保つ工夫をしたい。便利な道具がないか探してみることにする。

まとめ

「油もの」「温度差」「食事量」に注意すれば良さそう

今週のおさらい

ただのおさらいなので超短文。

本をそこそこ読んだり、えっちなゲームにいそしんだり、インターネットコミュニケーション不全に遭遇したり、渋に投稿したり、映画をみたり、ジャンクフードばかり食べたりTwitterをしたりした。無職を満喫している。金はなくなったら集めればいい。

とりあえず、一度始めたことは最後まできっちりやっていきましょう、という方針で行動していた。とはいえ、責任があろうとなかろうと、題材を間違えると絶対に続けられないのはこれまでの結果が証明しているため、題材選びにもっとも神経を使った。眠剤を切らしてからは生活リズムが完全に狂って、衝動に身を任せた悪い時期の行動をしてしまったが、最初の週にしては良い感じだと思う。反省点もちゃんとあって、ゴールを設定するときの妥協が甘く、苦痛を感じながらやっていた時があった。完璧主義は害悪でしかないのでさっさと捨て去りたい。今のところは「質はともかくこなせた」という結果さえ残せれば十分です。やっていきましょう。

おわり。

百合ポエム-2-

雨の降りしきる中、毎日帰宅時に通りがかる公園から鳴き声が聞こえてた。それは、明らかに少女の声をしていた。 何らかの事件かもしれない。ほっとけなくなった彼女は公園に足を踏み入れた。そのには傘もささずにうずくまっている少女が一人いた。病院服を着ていた。

大人は少女に対して手を伸ばす。

「こんなところにいては、風邪を引いてしまうわよ。」

「風邪を引くために、こんなところにいるのよ。」

少女は手を受け取らない。

「どうして?」

「学校に行きたくないから。」

「……なるほど。」

「理由、聞かないんだね。」

「聞いてほしいの?」

「まだ言いたくはないかな。」

「そう。でも風邪を引かなくても学校は休めるし、嫌なことがあったなら、その間に好きなことでもしていればいいよ。」

「…………。」

「どうしたの?」

「その好きなことが奪われてしまったのよ。急に、当然。」

きけば、彼女はピアニストを目指していた。ところが数日前事故にあい、命に別状はなかったものの腕を満足に動かせなくなった。 完治するかもわからないリハビリと長期間のブランクは、トップレベルへの道を断念するには充分すぎる理由だった。 生きがいを失った少女は、途方に暮れていたのだ。

(あまり突っ込まないほうが良さそうではあるけど……)

大人は少女の両腕を掴み、こういった。 「とても暖かいね。どちらの腕もちゃんと生きている。多少ピアノ弾けなくなったところでどうってことないわ。」

「いい加減なこと言わないでください!私は……私はピアノが全てだったんです。これがなきゃ……私は……私はまた……。」

「ねえ聴いて。数年前、将来を期待されたピアニストがいたの。そのピアニストも同じように手を怪我して、2年以上表舞台から消えさり、今日ようやく 小さな会場だけどまたコンサートができるのよ。」

「もしかして、そこの……??」 彼女が指をさした先にはこじんまりとしたジャズバー。ここでピアノを弾くというのだ。

「もし良かったら聴きに来てよ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢のような時間だった。曲が流れるたびに身体が勝手に動く。聴衆も、その一音一音を心から楽しんでいるようだった、

特に、彼女の演奏は壮絶だった。彼女のこれまでの2年間の全てが詰まったいた。弾けない苦しみを血の滲むようなリハビリで乗り越え、曲の難所を乗り切った時の笑顔と汗。いつのまにか見とれてしまっていた。

少女の腕に血が回りだし熱を帯びた。弾きたい!弾きたい!弾きたい!

「弾きたい!」

とうとう声が出てしまった私に、彼女は私に微笑みかけ、椅子をもうひとつ用意してくれた。

「ゲストの紹介ね。この娘も私と同じく腕を怪我しちゃったピアニスト。でも聴いたよね?さっきの彼女の声を!私はそれに応えてあげたい。」

「……ありがとう。」

「気にしないで。実は貴方の演奏を聴いたことがあって、すっかりファンになっちゃって。どうしても放っておけなかったの。終わったら、裏のバーで会いましょう。曲は☓☓☓でいいかしら?」

「はい。さすがわたしのファンですね!」

「いくよっーー」

その音色は、どこかたどたどしくも、気持ちがこもりにこもっており、やはり聴衆を魅了した。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「「乾杯」」

「本当に感謝しているわ。貴方と同じように、何年かかっても必ず戻ってくるから。」

「もちろん私ももっと大きなハコを目指すわ。貴女が戻ってくるまでに遠いところまで行ってしまうつもりよ。」

「遠いところまで追いかけていきますよ。」

「期待しているわ。その時までこれを預けておこうかな。」

花柄のブローチを手渡す。

「私は、これを残してあげようかな。」

頬にキスをした。

「粋なことをするのね。貴女レズだったの?」

「ただのスキンシップですよ。あなたとなら嫌な気持ちはしませんが。」

「(ふーん……それならもっと積極的にいけばよかったかな)」

「何です?」

「次一緒になったらセックスしてあげてもいいかなって。」

「ほんとですか。ていうか貴女がレズなんじゃないですか。」

「やっぱり嫌かしら?」

「……嫌じゃないですね。」

「それはよかった。同性愛も悪くないわよ。別の世界をしればきっと音楽性も深くなる。せいぜい他の音楽家に食われないようにね。」

そういって彼女は姿を消した。

「そういえば名前聞きそびれちゃったな。」

少女は、火照った両腕をさすりながら、病院に向かっていった。

not adopted

立て続けに送られてきた不採用通知メールで一気に鬱になった。

今回不採用をうけた企業に対しては、これまでとは違うアプローチで面接に臨んでいた。 それは、かねてからずっと考えていながら怖くて実践できなかったアプローチだ。

一言で言うと、嘘をつかないこと。

中退した理由、退職した理由、社会不安障害、自滅、投薬。溢れ出すクズエピソードに対して、今後どうしていくつもりか、同じことを引き起こさないためにどういう対策をたてているか。本当のことだからずっと上手く喋れたように思う。次はどうすれば失敗を回避できるかは本当に真剣に考えているわけですよ。

結局不採用なんだけどね。

A社の場合

  • 企業研究が足りていないところがあり、御社で何をやりたいかがうまく答えられなかったことだろう。みなさんはどうやって答えているのでしょうか。私は 「5,10年して落ち着いてきたところでキャリアパスの選択時期がくると思っているので、それまでは幅広く業務を知る期間になると思っています」くらいの回答しかない。一瞬空気が止まったので「つまり、運用保守→構築→設計と進んでいくのが王道かなと思います」などと補足しておいた。さらにぅ〜〜んとなった。

  • 貴方の強み……全体から大枠を把握することが得意です

  • 貴方の弱み……コミュニケーションがとれず一人で暴走することがあります

  • それでも、1対3の圧迫をのりきり、面接を終え、面接官一人に施設をみせてもらっていた。その面接官、ポロッと「まあ次にはすすめると思うよ!」って言ってくれた人なんだよね。つまり、この後の対応がまずかった。「他社うけてるの?」って言われた時「はい。選考が進めば関西への交通費をくれるので遊びに行こうかと。」と答えてしまったことだろう。面接官の方は「……そうだね。そうやってリフレッシュするといいよ。」という優しい回答をくれたが最悪だったな。

B社の場合

ぼくのメンがヘラっていることをこれでもかというくらい突いてきた面接官でした。そこで面接官の倫理観に噛み付いてしまったのが駄目だったかなあ。

面接官「最初の数年は我慢だよ我慢。はずれ上司にあたってもそこさえ耐えればちょっと楽になれるから。そこで辞めちゃうから駄目なんだよね。中途もこれまでに150人くらい雇ったけど半数は辞めて行っちゃった。」 私「それは新規アサインされる方々へのフォロー不足によるところが大きいのでは。健全な組織と環境があれば半分も辞めませんよ。精神論じゃ駄目ですよ。」

(以下30分ほど、対メンヘラ化対策、個人の精神論重視vs組織と環境重視)

面接官「君が上司になったときに後輩にどう接してあげる?」 私「常に余裕のある態度で接してあげる。些細な質問でも聞きに来ることを徹底(ルール化までしたい)。その問題の解決法だけじゃなく次の指針についても示せたら最高。」 面接官「過保護だね。それで社員は伸びてくれるのかな。」 私「辞める数は減るでしょうが、辞めなかった彼たちがどれだけ優秀かは私にはわからないので。」

〜〜面接終わり際〜〜

面接官「うちの社長、軽度のうつもってるってだけで落とす人だからあまり期待しないでね」 私「あなたもですよね。現場でメンがヘラないかはここでは証明できないので、今日の受け答えで判断していただければと思っていおります。今日は貴重なお話ありがとうございました。」

のこり

のこりは本命が残っておりますが、2次面接で正直者認定をいただける程度にははっちゃけてきたので最終にすすめるかは不明ですね。 まあ内定1個はありますし本命が駄目ならそこにしますわ。うん。

また、通信制大学にも通うことにしたので数学と英語と歴史の復習をしておこうかと思います。慶應通信の文学部一類が一応志望校です。 去年から入学厳しくなったらしいけど流石に合格で躓くわけ無いはいきませんからね。

プライベートは完全に大学の勉強と文章作成の練習に充てていきたい。 英語、数学、歴史、コンピュータ、哲学、小説、東方

このあたりの土台についてしっかり持論をもっておく。もっと大枠の、もっと抽象的なところを理解する。できるようにすることが目標。 その成果物として文章よ。同人デビュー目指して頑張りましょう。

フリーターでも良かったんだけど、せっかく内定貰ったしそこは我儘言ってすごい待ってくれてし給料も僕が指定していいような感じで、大分必要とされているみたいだ。メンタル面もかなり心配してくれているところで、立地以外はとても良いと思っている。仕事も緩い。仕事中の人格をどうやって機械的な行動に落とし込むかを考えていて、特に技術力以外のところで、組織として貢献できるようなものをまずはみつけることからスタートしたいですね。

自分のツイート見返しても全くおもしろくないし、しばらくTwitterはなれて本読んで勉強してその内容を日記書く生活にしていきます。

転職活動進捗

転職における最大のテーマ

今回のテーマは10年、あわよくば定年まで働けそうな会社を選択するというものであるため、非常に慎重に行っております。 その条件として、選んだのが

  • チーム作業重視 ずっとひとりでやっていたのでそろそろ優秀なメンバーに囲まれて足を引っ張っていきたいですよね。

  • 残業時間 プライベートでは絶対に勉強しないので。

  • 福利厚生 当然。家賃高いから助けて。

転職の業種方針

  1. 出版社編集企画
  2. IT系(インフラ)

転職活動進捗

内定

  • セキュリティ系
    • 内定辞退(いつのまにか期限過ぎてた)
  • 教育関連事業会社の社内SE
    • 内定保留中(5月中返事)

保険として応募しておいたところ。 オタク特有のアスペ早口回答にイントネーションとボディランゲージが加わり地獄にみえたがなぜか内定をもらえた。

選考中

  • ISPキャリア系NWエンジニアなお契約社員
    • 二次面接前
  • インフラ設計構築運用保守(外資系のグループ)
    • 一次面接結果待ち
  • カーナビとか作ってるっぽい
    • 一次面接これから

明日二次面接。この前と同じようにやっていきましょう。身体ぶっ壊して心療内科は通院中はカミングアウトしてあるし気が楽。 カーナビのとこはどう考えてもブラックなんだけど二次試験が関西で交通費支給なので頑張ります。

書類選考待ち

  • アイトラッキングがうんたらかんたら(たのしそうだったからつい)
  • 組込みソフトウェア開発(記憶にない時間に応募していた)

アイトラッキングの方は通ったら面接いってみよ。組込みソフトウェア開発のほうは全然返信こないしもう良いかなと行った感じ。

悲しみ

出版社は書類で全滅……

世知辛い。IT系の資格除外したら普通自動車免許しかない大学中退会社辞めまくりマンになってしまった。

これから

これ以上は応募しない。目標は4社以上から内定貰って、あとはみんなで酒飲みながら決めたいな〜〜〜〜。

何も思いつかない時

暇になると「とりあえず何か書こうか」と思うまでは良いのだが、結局何も浮かばないので下書き保存すらすることなく破棄をする。今もそう。

持論だが、空っぽのときにどれだけ振り絞って書けるかはこれまでのインプットの量に比例すると考えている。こじらせオタクなのでオリジナリティを追求しようと躍起になるが、そもそもオリジナリティというのはほぼ無限に存在するインプットの組み合わせそのものであるから、インプットの少ない海馬を隅々まで探索したところで救済の一手が見つかるはずもない。これまでの自分はインプットがとにかく足りていなかったのだろう。

でもインプットだけじゃ焦れるからやっぱ並行して何か書きたいよね?

そんな時自分語りが大変便利なのだ。生きているだけで勝手に海馬に押し込まれるデータを言葉にするだけでいい。高尚なインプットも必要としないうえに書いたことにより多少の快楽が得られるのでコスパがよい。何も思いつかない時は自分語りに限るというわけだ。

ーーーーーここまでが自分語りをするための言い訳ーーーーー

文章を書ける人間になりたい(それを飯の種にしたい、ということではないが)という目標が出来たので、そのためにどういう生活を送れば良いのかを試行錯誤している最中である。例えば、インプットに取り組むときは、ただ楽しむだけでなく自身にどう取り入れるかを考えるようになった。また、日常風景とその時の自分の感情を結びつけてメモをするといったこともしている。何も思いつかなくても今こうして文章を書こうとしているのも、その一つかもしれない。

何も思いつかないこと自体は失敗の一つなので、思いつくために改善をする必要がある。いわゆるPDCAサイクルというやつだ(PDCAサイクルは最近覚えた言葉で、いい感じに意識高い社会人の雰囲気が出せるので気に入っている)。とはいえまだ始めたばかりで手探り状態であり、今のアプローチが間違っているのかもしれない。アプローチの次元が違っていては、Pを少しずつ改良していくサイクルでは一生かかっても理想の方向へは進めない。そういった無駄はすでにある程度成し遂げている人がする道楽みたいなもので、現代のスピード感にはそぐわない。最速で進むためには一番最初のPは、成功者の行動そのものをベースにする必要があるのかなと考えている。

自分がそのままの自分を認められればそれでいい、という根底にある思想は変わっていないので、外部からの影響を受ける手段の一つとして誰かの真似をするという行動に嫌悪感があり、そういったことはあまりやってこなかったと自覚しているが、これもオリジナリティを追求するためのインプットの一種だと割り切った。心の底ではもやもやした感情が残っていても設定さえ適切に行えば機械的に行動することは可能で、本気で実行して上手く行かなかったら失敗した経験をインプットとして取り入れればいい。数ヶ月で仕事を辞めてるくせにその仕事に愚痴を言う惨めな何処かの誰かさんが繰り返してきた失敗はもう二度と体験したくないので、過去の失敗の原因になった思想はとりあえず悪い思想であると決めつけている。

転職活動はあるものの、実質の休日はまだ3週間ある。労働開始前の基礎精神づくりということで、色々やっていこうと思っております。

終わり。書き始めてからちょうど一時間。すごい。これだけで1400文字だ。

この日記の内容に関係なく「おすすめだから読むといいよ!」って本があれば教えてくれると嬉しいです(図書館にあったら読みます)。